うなぎの日

0

    2020年の土用の丑の日は、

    7月21日(火曜日)、8月2日(日曜日)

    と、二日ありました。

     

    土用?丑の日?

    いまいち興味なく、説明出来ませんが・・・

    『土用の丑の日』が『ウナギの日』として世の中が盛り上がってるので、

    便乗してこの日はうなぎを食べます。

     

    特に好物では無いのですが・・・(笑)

    主婦はお家ご飯(自作ご飯)が多いので、

    外食(人が作ってくれるご飯)は大好きです♡

     

    ⓎⒽⓃmama

     

     


    はじめまして。

    0


      今月入社したてのしじみです。
      いち早く仕事を覚えるため毎日奮闘中です。

       

      さて、いきなりですが私の好きな食べ物を紹介します。
      白くて長くてモチモチで冷たい食べ物。

       

      そう『うどん』です。

       

      毎日3食うどんを食べれるほど、うどんが大好きです。
      麺は讃岐でモチモチのコシ強めのうどん、最高ですね!
      冷たい方がコシ強めなので、冬でも冷たいうどん食べたりするくらいです。

       

      おすすめのうどん屋さんがありましたら、
      是非教えてください。跳ねて喜びます。

       

      大分に来て2年ほどの大分新米なしじみですが、
      私の好きなうどん屋さんをベスト3ご紹介したいと思います。

       

       

      ○第3位
      『一(はじめ)』
      中央町にある割と最近できたお店です。
      古民家を改装して造られた内装はかなり味があり、落ち着きます。
      肝心の麺は太め&かなりコシ強め。喉に詰まりそうな食べ応え。おいしいです。

       

      ○第2位
      『へんろみち』
      大分で讃岐うどんといえばココ!って感じの老舗。だと思ってます。
      モチモチでさっぱりのぶっかけうどんをおすすめしたいですが、
      あったかいうどんも出汁が優しくてほっとします。

       

      ○第1位
      『そわか』
      下郡にある、手打ちうどんのそわか。
      福岡でよくうどん巡りをしていましたが、その中でも群を抜いて美味しいのでは!?
      というほど私好み。つるんとした青い器にきれーいに盛られたうどんが芸術的です。美しい。
      かなり食べ応えがある麺なのに、いつも大盛りで食べてしまいます。。
      ぶっかけの麺にはカボスがつきますので、最初はそのままの味で楽しんで、
      中盤くらいで絞ってください。中盤なのにさらに箸が進むモンスターになります。


      以上

      しじみのおすすめうどん屋さんベスト3でした。
      おいしいうどんを食べて是非うどんの魅力をもっと知って頂けたら嬉しいです。
      今はこのような状況でなかなか外出もままならない状況ですが、
      大好きなお店がなくならないように、応援していきたいです。

       


      趣味の写真

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        夏真っ盛りですね。新型コロナウイルスの感染拡大も止まりません。皆さまくれぐれも健康面にお気をつけください。

        さて、そのうちブログに書こうと思い、1年が経過してしまいましたが、趣味の写真の話をしたいと思います。


        3年前から写真を撮ることが私の趣味の一つになりました。

        外に行って誰かと話すより、
        誰にも会わず家でひとりでゆっくりしたい、疲れた心と身体をゆっくり休めたい、

        そんな私がなぜ屋外に出て写真を撮り始めたかと言うと、
        どうせなら、SNS上で写真を通して、世界の人たちとコミュニケーションを取ってみたかった。
        新しい事を、新しい世界を知りたかった。
        そして、自分の心に響いた瞬間や景色を、自分の好きな状態でカメラに収めたかったから。

         

        海外の方とメッセージを交わすと、文化や言葉は違えど、素敵だと思うもの、優しさを届けたいと思うもの、そういったものに違いはないんだなと気付かせてくれました。

        アップするたびに気にかけてくれるのはアメリカ人で二人の男の子のママであるジル。

        ロシアの足の不自由な女の子、フロリダの海を毎日アップしてくれるマイク、ドイツ人でフリーカメラマンのジャコブ、実家が小さなホテルを経営しているタイの女の子、デザイン専門学生のインドネシアの男の子、アメリカの手話通訳の夢を叶えたセルジオ。日本にも旅行に来た親日家でスペインに住むサンドラ。スウェーデンの写真家で探検家のトーマス。イギリスに住むキュートなお母さんのミア。
        みんなとても優しく、フレンドリーです。

         

        海外の写真を見ると、世界は、地球はなんて美しさに恵まれているのだろうと思います。
        また、誰かのためではなく、自分の好きなものを好きなように撮ることは、私にとってストレスの解消にもなります。

        以下、写真を撮り始めた頃のお気に入りの写真を何点か載せておきます。

         

        鹿児島から大分にフィギュアスケートのアイスショーを見に来た時の旅の風景二枚

         

         

        実家の庭。母の育てた花を撮影。

         

         

        地元の海の夕日。

         

        神社にて、息子と木々を撮影。


        最初は外で子供以外の景色にカメラを構えるのが恥ずかしかったのですが、撮るごとに慣れて来ました。

        最近は家に引きこもっていたため、休日に少し出かけると、疲れてしまい夕方遅い昼寝をしてしまいます。そろそろ人の少ない時間帯に屋外に出かけて、写真を撮りたいです。

         

        趣味の写真  by saku


        二度目の手術

        0

          一昨年の秋に犬の乳腺腫瘍切除の手術をしたのですが、切除していない方の腫瘍がかなり大きくなってきていました。
          高齢犬で心臓が悪いため、今まで通院していた病院では「手術をするのは危険」と言われたのですが、このまま放っておいたら破裂するかもしれない…と思い、フェレットが通院している病院に相談したところ「そんなに難しい手術じゃないから大丈夫」とのことで、手術してもらうことになりました。

           

           

          無事に手術は終わり、術後の経過も前回よりも良かったので安心しました。
          今後は腫瘍ができても大きくなる前に取ってしまえば入院する必要もないそうです。
          長く通っていた病院を変えるのは少し勇気がいりましたが、以前より薬も減り元気になったので変えて良かったです。


          by ちゅんちゅん


          仕方がない・・・とはいうものの

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            新型コロナ。

            ホントは書きたくもなかったけど、コロナのおかげで経験した辛さ、虚しさ、はがゆさをここに書き留めておこうと思います。

             

            昨年11月、遠方にいる長女に待望の赤ん坊を授かることができ、医者からは子供ができにくい体質と言われていたので、それはそれは家族一同大喜び。

             

            首も座り、5月のGWに帰省するという連絡を受けていたのですが、コロナが国内に蔓延し外出自粛。大分にいる私や妻も仕方ないということであきらめ、初めてテレビ電話を通じ、元気な赤ん坊を抱いた娘の姿をみて「ほんとなら一緒にいれたのに」とコロナさえなければこの手に抱けたであろう孫の姿をみて悔しさやら、悲しさが溢れてきました。

             

            やがてコロナも終息の気配が見えてきたころ、娘から7月の連休に帰るという連絡があったんです。8月のお盆の間かなと思っていたので、早めに逢えるとあって心ウキウキ。

             

            ところが雲行きが怪しくなり、再び感染者が増加。しかし国はGoToトラベルを実行。娘夫婦はレンタカーをチャーター、ホテルも予約済。そして・・・

             

            「お父さん、私、熱が出た」・・・えっ!マジか!今日帰ってくる日じゃんか!で、何度?「37.3度」とりあえず様子を見て自宅に帰るよう指示。

             

            焦る気持ちを抑えて、連絡を待つことに。翌日熱も下がり、何ともなかったようだったので、飛行機のキャンセル待ち。しかし「ない」またか、また逢えないんだ・・・

             

            孫の成長は同時期に生まれた乳児よりやや早めのようで、既に伝え歩きをするというので、部屋を広く使えるようにしたり、土産を買ったり、準備万端の状態。

             

            それが、また。

             

            空港に向かう直前の出来事だったらしく、もしコロナに感染していたら大事。旦那が「私と子供だけで行きます」というけど、もし、コロナに感染してたらどうするんだ!と一喝。

             

            とにかく今回もあきらめざる終えないつい最近の出来事でした。

             

            今は「我慢」それしかない。

             

            By めたる爺


            おうち〇〇

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

               

              今年は雨が本当に多かったですが、梅雨が明けて最近暑い日が続きますね。

               

              お盆の連休が目の前に控えてますが、コロナコロナでどこにも出かけられなさそうなのがとても残念です。

               

              そんなこの頃、

              ステイホームを快適に、そして楽しく過ごそうということで、「おうち〇〇」という言葉が世の中で流行っているみたいです。おうちカフェやおうち美容、おうちキャンプなんてことをしている人もSNSなどで見かけます。

               

              どっちかというと自分はインドア派なのでいつでもステイホームなのですが、平日は仕事で疲れてやりたいことがあってもなかなか取り掛かれず、すぐに寝ちゃうことが多いなーと自分を振り返ってみてもったいなく思ったり。

               

              一人暮らしで割と自由に時間を使える日々を送っているのですが、今自分がまずしてみたいおうち〇〇はおうちライブかなーと。

               

              一時期いろんなアーティストやバンドのライブに行くことにハマってた時期があったのですが、ここ何年かは一緒に行く友人が離れたり、一番大好きな安室ちゃんが引退したりでライブに行くことがめっきり減っていました。

              今年は久々に何かライブなりフェスなりに行ってみようかなーと思っていたのですがその矢先このコロナ禍…。

               

              こんなご時世ではライブに行くことはなかなかできないので自宅にあるライブDVDを掘り起こして家でライブ気分を味わってみようと思います。

               

              せっかくのステイホーム。

              みなさんも楽しいおうち時間が過ごせますように。

               

              by.一休さん

               

               


              隣の車が気になって仕方ありません

              0

                元気ですかーーーー

                 

                おら かっぱです。

                 

                 

                最近、週末に洗車をしています。

                 

                とくに雨の日は最高です。

                 

                洗車場が空いているからです。

                土砂降りだと貸切状態です。

                店員から白い目で見られるので気分いいです。

                 

                YouTubeでプロの動画を見て

                洗剤や道具を少しづつ揃えています。

                 

                その中でもイオンデポジット(水アカ)を除去する

                酸性クリーナーを買って大興奮です。

                「まぜるな危険」の文字が最高です。

                 

                でもね

                 

                自分の車が綺麗になるのはいいのだけど、

                汚れが無くなると、つまんないですね。

                 

                そんな時、駐車場の隣の車の汚れが目に入ると

                ムラムラします。

                 

                勝手にやってもいいかなーて。

                 

                 

                 

                 

                by

                かっぱ職人


                楽器を始めたキッカケ

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                   

                  僕は音楽が好きです。

                  ギターを弾いて歌を歌うことが好きです。

                   

                  そんな僕が初めて触った楽器はピアノでした、3歳の頃に母親に自らピアノを習いたいと言い出したことを今でも覚えています。

                  そのキッカケは近所に住んでいた可憐な女の子がピアノを習っており、僕もピアノ教室に通えば、その女の子とお近づきになれると信じて止まなかったからです。そんな下心を何も知らない母親は僕がピアノ教室に通う事を快諾してくれました。

                   

                  待ちに待ったピアノ教室が始まりました。

                  しかし、待てど暮らせどあの子に会えません。

                  当たり前です、僕が通っていたピアノ教室は先生とのマンツーマンのレッスンなのです。

                  しかし、そんな事で諦める訳が有りません。

                  何故ならば、1年に1回全生徒が集まっての発表会があるのです。

                  練習を重ねて、とうとう初めての発表会の日になりました。

                  蝶ネクタイをしめて、意気揚々と会場に向かいます。

                  もちろんあの子の姿を僕は探します。

                  しかし待てど暮らせど一向に姿が見えません。

                  僕の出番も終わり、全生徒の演奏も終わりました。

                  あの子の姿は結局見つかりませんでした。

                   

                  帰りの車中、僕は母親に尋ねました。

                  「発表会にあの子はいなかったね。」

                  母親は僕に言いました。

                  「そりゃそうよ、あの子はあなたとは別のピアノ教室で習っているもの」

                  僕は愕然として、三日三晩は寝込んだ気がします。

                   

                  こんな不健全な理由で僕の音楽人生が始まった訳ですが、なんだかんだ楽しくピアノ教室は15歳まで続けました。

                   

                  そして今もほぼ毎日弾いているギターとは13歳の時に出逢うのですが・・・

                  その話はまた次回にさせて頂こうと思います。

                   

                  By KuniTAMA

                   

                   


                  Twitter始めました

                  0

                    JUGEMテーマ:twitter

                     

                     

                    私事ではありますが、今月からTwitter始めました。

                    始めたきっかけは、好きな俳優やブロガーのつぶやきを覗いてみたいと思ったからです。

                    テレビやブログの文章では見えてこないような素顔が見えてきて、物凄く親近感を覚えて日々楽しく拝見してます。

                     

                    一方で、声の大きい人のツイートや偏った見方の意見も多くみられて、モヤモヤする時もあります。

                    「〇〇な人はクソだ」、「〇〇は時代遅れ」など、決めつけた意見は不快な気持ちになるし、誰かが傷つく言葉を吐ける人の気持ちはよくわかりません。

                     

                    物事を決めつけて言いきってしまう言葉は、耳に心地いいし、何かしら思っていた鬱憤を肯定してくれたようで賛同しやすいのかもしれません。

                     

                    自分も言い切れる強さがあればいいのですが、相手がいると思うと強く言い切れないこともあり、歯切れの悪い時もあります。

                     

                    それでも、「相手がいる」ということを念頭に入れて会話する、つぶやくことは辞めたくないなとも思いました。

                     

                    天気も人の気持ちももう少し穏やかになれば嬉しいと思う今日この頃です。

                     

                    by solt


                    釣り日記

                    0

                      JUGEMテーマ:フィッシング

                       

                       

                      今回は、以前釣ったヒラメをまた釣りたくて同じ場所に先々週釣りに行ってまいりました。


                      以前は、夕方に行きましたが今回は諸事情により夜中に行く事になりまずはサビキで餌のアジを釣り釣ったアジをブッコみ釣りで泳がせ開始です。待っている間は、自分達のご飯用のアジと餌用のアジを釣りつつアタリを待ちちらほら型のいいアジが釣れて塩焼か刺身で食べるか考えていると泳がせの竿先が揺れておりアジが何かから逃げているような感じがあり竿先を見ていると竿が大きくしなりドラグが出ていきだし竿お持ち合わせの準備をしているとドラグが出るのが止まりました。

                       

                      咥えた魚がアジを離したかなと思い回収して餌を付け直そうと回収しているといきなり竿がまがり強烈な引きが来ました。
                      引きの強さからヒラメでは無いと思いつつエイかなと考えながらやり取りをして引きを楽しみつつ上げていくとなんと上がって来たのはシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)約50僂阿蕕い任靴拭

                       

                      まさか大分の防波堤でサメが釣れるとは思って無くタモで何とか上げるとバタバタ暴れている姿を見ると怖さが込み上げてきました。産まれて初めてサメを釣った興奮と子供に写真を見せたら喜ぶと思いながら全ての作業を終えて海に逃がしてあげると悠々と泳いで海底に潜って行きました。

                       

                      ココで、継続してまたサメは釣りたくないのですぐに竿をしまいこの日の釣りは終了致しました。

                       

                      BY 原崎晃太
                       


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      アメリカン・スタンダード
                      アメリカン・スタンダード (JUGEMレビュー »)
                      アドルフ・グリーン,ベティ・コムデン,ジュール・スタイン
                      recommend
                      リハーシング・ザ・マルチヴァース (REHEARSING THE MULTIVERSE)
                      リハーシング・ザ・マルチヴァース (REHEARSING THE MULTIVERSE) (JUGEMレビュー »)
                      フェイマス・グルーピーズ,FAMOUS GROUPIES
                      70年代のポールマッカートニー好きなら是非聴くべき作品。まるでポールの楽曲で、ポールが歌っているよう。
                      recommend
                      ゴールデン・アワー
                      ゴールデン・アワー (JUGEMレビュー »)
                      ケイシー・マスグレイヴス,ヴァイオレンツ,トミー・シュレイター,トレント・ダブス
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM