OITA歌舞伎 第2弾「訐藺紂覆んちよ)」公演本番9/22に出演します。

0

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

     

     

    今回は大分県民芸術文化祭開幕行事として公演をするのでまた大きな舞台に立ちます。

     

    第1弾「紹運」から今回は「訐藺紂徇花訐藺紊箸い女城主のお話です。

     

    立花家といえば宗麟公の右腕といわれた立花道雪が有名ですが、その娘の生涯を描いた作品になります。

    当時女性が城主になるというのは異例のことで男児に恵まれなかった道雪の苦肉の策ともいえる何とも豪快な展開。

    その訐藺紊寮験兇鯢舛い榛酩覆砲覆蠅泙后

    私はその訐藺紊量察⊇〔个魃蕕犬襪里任垢宗茂は私が前回演じた高橋紹運の息子、紹運のラストシーンの時に思い描いたその後の世界を演じることになるので前回とはまた違った雰囲気とメンバーにはなるのですが、懐かしさや新鮮な気持ちもあるという、不思議な感覚を持ちながら宗茂を演じさせてもらってます。

     

    今回は、稽古でも密を避けたり、マスクをしながらの稽古といった形でいつもと違う特殊な稽古をしてますが、本番に向けてみんな頑張ってます。

     

     

    そして、こんなコロナ禍の中、9月22日に無事に幕が上がり、お客様と共に素晴らしい舞台になる事を願って・・・

     

    By P-nuts

     


    サブスクリプション

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

       

      ここ最近、流行りのサブスクリプションとやらに手を出し始めてます。

      映画とかテレビが定額で観れるサブスクやら、音楽が定額で聴けるサブスクやらいろいろあるみたいですが、自分が一番ハマってるのが音楽聴き放題のApple Musicです。

      これがまた定番どころしかラインナップに無いと思ってたんだけども、ベネズエラやらモロッコやら辺境の国のデスメタルがでるわでるわ。これは探し出したら止まらない。

      昔よくyoutubeで関連動画をいろいろ掘って音楽の教養を深めてる時期がありましたが、まさにその再来。

      元来自分は、CDは海外から輸入してでも必ず円盤を手に入れる主義でしたが、時代は変わったみたいです。
      どうあがいても聴けない音楽が聴ける時代になりました。

      僕の知り合いでもサブスクで曲を提供している人間がいまして、本人曰く、

      「まずは全国どこにいても知ってもらえる、聴いてもらえる機会ができた。」

      との事です。
      サブスクで全曲公開せずに、まずは聴いてもらって、そこから通販で全曲入りのCDを買ってもらう。
      という技を使ってるみたいです。

      メジャーじゃないアンダーグラウンドな音楽界隈からすると、サブスクでまず知ってもらえるっていうのは本当いい事です。

      僕もサブスクで曲だしてみようかな。

       

      By YAKU
       


      隣の車が気になって仕方ありません

      0

        元気ですかーーーー

         

        おら かっぱです。

         

         

        最近、週末に洗車をしています。

         

        とくに雨の日は最高です。

         

        洗車場が空いているからです。

        土砂降りだと貸切状態です。

        店員から白い目で見られるので気分いいです。

         

        YouTubeでプロの動画を見て

        洗剤や道具を少しづつ揃えています。

         

        その中でもイオンデポジット(水アカ)を除去する

        酸性クリーナーを買って大興奮です。

        「まぜるな危険」の文字が最高です。

         

        でもね

         

        自分の車が綺麗になるのはいいのだけど、

        汚れが無くなると、つまんないですね。

         

        そんな時、駐車場の隣の車の汚れが目に入ると

        ムラムラします。

         

        勝手にやってもいいかなーて。

         

         

         

         

        by

        かっぱ職人


        With コロナとエンターティメント

        0

          JUGEMテーマ:エンターテイメント

           

          もう7月も始まり、今年も半分過ぎてしまった。

           

          想えばコロナでどのくらい無駄な時間と不安な時間を過ごして来たのだろうと…そんな半年を想ってしまう。
          それまで何をしたか想えば、外出を控え、いつもように音楽を聴き、海外ドラマを観たり、映画を観たり、読書をしたりと、そんなありきたりの日々をやり過ごして来た。
          そんな当たり前のような日々が、季節の変わりを感じないまま過ぎ去って行く。
          まるで同じ夢を毎日見て、いつもの時間に目が覚めるような、そんな退屈な時を繰り返しているような感覚に落ち入ってしまう。


          その中で、唯一救われる事と言えば、何事もなく会社がさほど影響を受けなかった事が救われた。まずは生活の基本が何事も無く出来た事が1番だけど…残念なのが大好きなエンターテイメントの世界が観れないのが何よりも残念で仕方ない。
          まずは佐野さんの40周年のイベントが無くなり、全てのライブが無くなり、新譜の発売も延期となり、多分何も無ければ今頃はツアーに出て、九州に来ていれば観てるだろ〜と、、


          ただ、そんなwith コロナな次期に佐野さんと同じように大好きなサザンが配信のペイパービューで、横浜アリーナで無観客でライブを行い、そのライブをTVで観た。

           

           

          無観客でそこまで大きな会場でしなくてもって想うが、どデカく出て、それが納得出来てしまうのがサザンの凄いところで、普通であればあれ程の大きな会場で無観客であれば不自然な感覚に落ち入るが、客がいなくても当たり前のようにやってしまい、感動されられるライブだった。そこには音楽の力があり、楽曲の良さがあり、何者にも代えられないエンターテイメントのマジックがあるからだろう。

           

          そんな、こんな今の嫌な世界に少しでも忘れてしまう楽しい世界がこの様なライブであり、娯楽であり、そんないろんな意味で楽しませてくれるエンターテイメントがどれだけ大切か思い知らされてしまう。

           

          まだまだ今の世界は変わり様がないが、どうにか一歩前に前進して行くしかないだろう。

          そして、また夢のようなエンターテイメントの世界がある事を願って・・・

           

          By Beat

           


          コロナな頃の昨今の日々

          0

            JUGEMテーマ:映画

             

            とうとう大分県まで未知の脅威のコロナ感染者が出た。


            それにより自粛ムードとなり、あちこちのイベントの中止や、いろんな集まりも中止となり、経済は落ち込むばかりだし、TVでは日々感染者が何人と増えて行く様の報道があると、どうしても何もかもいつもと違う見方をして消極的な動きになり、もしかして自分も感染したら?って思ったりして不安が募るばかりだ。今は何処で感染するのか分からないので、出来るだけ感染予防に注意するしかないし、しばらくの間はむやみに外出は控える様な行動するしかないんだろうけど、それにより楽しみが減るような事はイヤなので、むしろ家で好きな趣味で楽しく過ごす様にしている。

             

            そんなコロナな頃、最近よく映画や海外ドラマを観る。

             

            Netflixとか、Hulu、U-NEXT、楽天TVとかの会員になっているせいか映画以外でも海外ドラマを夜な夜な観てしまう。その中でもNetflixオリジナル映画がすばらしい。アカデミーにノミネートされた「アイリッシュマン」「マリッジ・ストーリー」とかTV映画で製作費をどのくらい掛けているのだろうと思うほど、数々の作品の完成度が高く観させる力強さがあり、映画館で観なくても完結させられてしまう。

             

            もちろん有料のオンラインレンタルでも観る訳だが、アカデミーにノミネートされた「ジョーカー」に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などなど映画館で観てない映画など数え上げたらきりがないんだが、、それだけ観ているという訳だ。

             

            当然TVで観るだけではなく映画館まで足を運んでも観る。


            大分市でコロナが出てからは行ってないが、昨年末にスターウォーズの最終章の「スカイウォーカーの夜明け」に、今年に入っては尾崎豊のドキュメンタリー映画や、今年のアカデミー賞の作品賞を受賞した「パラサイト」に、最近ではアカデミー撮影賞を受賞した「1917命をかけた伝令」を観た。

             

            それで、映画館で観た映画だけのちょっとした感想を言えば…

             

             

            まず、スターウォーズに関してはSF映画の金字塔として、最終章としてのストーリー展開には納得させられた。何せ1978年の初回のエピソードから映画館で必ず観続けた唯一の映画であり、それだけスターウォーズの世界は魅力的で、光と闇のフォースと言う力の戦いのストーリーにある、無限の力を秘めたフォースと言う力が魅力的で夢中にさせられ感動されられる。また、SF映画としてのこれだけの膨大なストーリー展開と、衝撃的な映像世界に夢中にされられる映画は私の中ではスターウォーズ以外まずない。これでスターウォーズの映画が最後となるのは本当に残念である。

             

             

            そして「パラサイト」なんだが、ストーリー的には韓国が抱えられている格差社会問題を上手くストーリーに絡ませて、予想もつかない展開にはハラハラドキドキさせられ、闇と光の世界観が上手く表現されている映像世界に引き込まれて行く。最期の展開はここまでやってしまう?などと考えさせられた映画なんだが、これがアカデミーの作品賞を受賞した作品なんだ?と、時代が変わったな?、、なんて思ったりした。

             

             

            そして、最近観たアカデミー撮影賞 を受賞した「1917命をかけた伝令」だが、ストーリー的にはシンプルで、ある戦場から他の戦場に2人で重要な伝明を伝えに行くまでのストーリーで、その映像がワンカットで続いて行くという、しかも戦場の世界をワンカットでよく撮影出来たな?と感心する映画で、その凄い映像の世界に感動てしまった。

             

            そんなこんなで、日々夜な夜な映画や海外ドラマの何かを観てしまうと言う中毒みたいな感じなんだが、最近は「ブラインドスポット」と言う海外ドラマを観続けていて、それも面白いから観てしまう訳で、当分続きそうで健康的ではないのは理解出来るが、今はむやみに人が集まる人混みには出歩るかなく、家で趣味の音楽や映画や海外ドラマに勤しんで楽しむ過ごし方がいいのかもしれない。

             

            ただ、それだけじゃ楽しい訳ではないが、今は仕方ない現実に向き合い、季節の流れを感じる桜が咲き誇る頃には、コロナの終息を願うばかりだ。

             

            By Beat

             


            Disney Sea&Land✨

            0

              JUGEMテーマ:国内小旅行

               

              5/11〜5/14の3泊4間で、東京にいきました☆

              長男の6歳の誕生日が5/13で、誕生日プレゼント🎁として・・・www

               

               

              私自身も去年のハロウィンに行ってから、だだハマリでしてwww

              こども達はディズニー大好きだったので、もう親子でテンションが凄かったです!!

               

              おやすみを頂いて行かせてもらいました(;^ω^)

              会社と同僚にはすごく感謝でいっぱいです!!

              また…行きたいんで、仕事頑張ります☆

               

              akiho///


              SMAP!!

              0
                JUGEMテーマ:ニュース


                2016年1月13日、日本中に衝撃が走った!
                まさかのSMAPの解散報道が弊社扱い媒体スポーツニッポン新聞がすっぱ抜きました!
                しかし情報が交錯しすぎてどのあたりまでが真相か判断するのが難しい気がしました。
                木村拓哉さんの残留した理由もはっきり言って気にはなります。
                解散報道の真相は副社長の週刊文春によるインタビューが
                きっかけではないかという見方が多い。
                昨年からチーフマネージャーI様が独立に向けての準備も
                着々と整えていた背景もあり、SMAPを引き連れて独立するのは時間の問題とみら
                れていたという。
                SMAPを引き連れて会社を辞めることに関しても、
                副社長が文句があるならSMAPを引き連れて会社を出てい

                けと叱責していたことから現実味のある話だった。
                この時点では解散という話は全く出てはいない。
                育ててもらった恩があるSMAPメンバーはIチーフマネージャーに同意し、
                一緒に独立に向けて動いていたという話もある。

                しかし、木村拓哉さんは最後までどうするか考えたうえで
                12月には事務所残留を明言していたという説もありハッキリしていない。

                そうこうしながら憶測の中、ついに18日、
                フジテレビの『スマップ・スマップ』の冒頭で約3分の生放送で
                メンバーひとりひとりの本当の心の声が全国に流れた。
                テレビの番組でこれだけ真剣に見たのはいつぶりだろう・・・ 

                なにはともあれ結果的には落ち着いたようだ。
                しかし国家の首相までもが国会でスマップの事を言うなど事務所側の想定をはるかに
                超え、5人はこれまでのジャニーズの伝統である、
                『去る者は追わず』(今年の干支ですが、)の伝統をまさに打ち崩そうとしてます。

                ファンはちょっと安心!
                今回の騒動を見届けている皆さま、頭をSHAKEし、
                日頃に、感謝して、どんな時もくじけずに頑張りましょう!

                By きんきん


                製パン王キム・タック

                0
                  キムタック


                  簡単なあらすじをいれてドラマ紹介します。国民ドラマと呼ばれものすごい視聴率!オバケ作品で最終話、自己最高視聴率が49.3%です。

                  韓国ドラマっぽい定番に近い印象があります。

                  出生の秘密、財閥、貧しい家庭、暴力、愛人、政略結婚、偽装、交通事故、ウソ・・もう、韓ドラのお約束な展開があり、ストーリーの中で驚く問題(事件)が発生します。

                  これを解決しながら、また、次回は新しい問題が起こる・・という感じですね。
                  とにかくよく、問題が起こるんです

                  コソン食品という大きなパン会社の社長、ク・イルジュンには妻のインスクがいるけれど、男の子が欲しい妻は占い師にみてもらうんです。

                  「夫との間には男の子が生まれない・・」とでてしまい・・それでも、厳しい姑からは「男の子を産みなさい!」と、いわれて・・
                  なんとまあ!夫・秘書との子を、夫の子とウソをついて出産します。

                  そんな感じの第一話のストーリーのさわりです。全30話〜
                  日本でもきっと、これだけの数字を取ったから、人気になると思える面白いドラマです。
                  by p-nuts

                  「AIR JAM 2011」

                  0
                    フェスタ

                    AIR JAM 知ってる人は知っているフェスです
                    かのHi-STANDARDが主催をし、無名、有名バンドを集めたお祭りなのですが
                    2001年にHi-STANDARDの活動休止と共にもう2度と見れないだろうと思っていたのが

                    メンバー

                    Hi-STANDARDの復活!!
                    そして今年9月18日AIR JAM 開催!!
                    ですが・・・。
                    私、九州在住、子供持ちなのでもちろん行ける訳がありません。
                    しょうがなく関連のTVを見たり、CDを引っ張り出して聴き漁る!
                    名曲『STAY GOLD』を久し振りに聞いた時は友達の家に集まり何度も何度も
                    AIR JAM のビデオをテープが擦り切れるぐらい見まくっていた日々を
                    思い出し少し目頭が熱くなってしまいました。
                    いや〜音楽はいいもんですね。

                    by Good sun


                    えいま?

                    0
                      キャラ

                      雑誌「小悪魔ageha」などで活躍していた人気モデルの神河ひかり(27)が、
                      オフィシャルブログにて第1子の名前を公表している。
                      2009年に一般男性と結婚した神河ひかりは、今年1月に第1子の妊娠を発表。
                      9月21日、元気な男の子を出産した。
                      無事退院日を迎えた彼女は、息子の名前を「瑛磨(エース)」と公表。
                      彼女の大好きな漫画「ONE PIECE」の登場人物・エースが由来のようだ。
                      ファンからは、
                      ・「名前カッコイイねp(^^)q素敵な男性になるんじゃナイ?」
                      ・「カッコいい(*^o^*)将来も有望そうだね♪」
                      ・「知り合いに龍飛伊(ルフィ)が居ます!!」
                      など、祝福の声が多数寄せられている。(モデルプレス)
                      http://mdpr.jp/021152902

                      自分の周りではこのような名前の子どもはまだいないのですが、
                      最近ではこのような名前の子どもが増えているらしいですね。
                      正直、学校の先生とか最初何て読むのか絶対分かりませんよ?
                      まぁ、漫画の主人公の生き様とかをみていると「こんな心を持った大人になって欲しい!」とか思うのですが、
                      そのまま名前にするっていうのは僕はちょっと・・・若い頃はカッコイイ!カワイイ!とか言われるかもしれませんが、
                      この子が60代、70代になったらちょっと、ねぇ・・・・。
                      でも「磨」をどうやって「す」と読むのか・・・これが一番の疑問です!夜露死苦!!

                      by ikettei-

                       

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      アメリカン・スタンダード
                      アメリカン・スタンダード (JUGEMレビュー »)
                      アドルフ・グリーン,ベティ・コムデン,ジュール・スタイン
                      recommend
                      リハーシング・ザ・マルチヴァース (REHEARSING THE MULTIVERSE)
                      リハーシング・ザ・マルチヴァース (REHEARSING THE MULTIVERSE) (JUGEMレビュー »)
                      フェイマス・グルーピーズ,FAMOUS GROUPIES
                      70年代のポールマッカートニー好きなら是非聴くべき作品。まるでポールの楽曲で、ポールが歌っているよう。
                      recommend
                      ゴールデン・アワー
                      ゴールデン・アワー (JUGEMレビュー »)
                      ケイシー・マスグレイヴス,ヴァイオレンツ,トミー・シュレイター,トレント・ダブス
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM