佐野元春&ザ・コヨーテバンド 2017年新作『MANIJU(マニジュ)』を聴いて・・・

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

     

    まず、『MANIJU(マニジュ)』と言うアルバム名から何なんだろうと思った?
    名前なのか?精神的 な表現なのか?分からない・・・
    そして、ジャケットアートの不思議なポップな感じが心に染み渡り続ける。
    それは、煌びやかな花の帽子を被って、女性の顔から涙がこぼれている・・・
    華やかでポップなのに涙が溢れている・・意味深ささえ感じさせてくれる。

     

    アルバムを聴くと、ここにある12曲の楽曲はまた、新しい佐野元春の世界が
    今の時代に沿った世界を、ポップなメロディに乗せて社会的なメッセージや
    愛のメッセージにと、そのビート詩的なリリックとビートが奏でる
    その世界は私の大切な心の世界に訴えかけ続けてくれる・・・

     

    また、サウンドはポップ、ポップなアレンジでアンサンブルの豊かな感じで
    言われた通りサイケデリック(リボルバー、サージェントの頃の
    ビートルズに影響されてるかな?)、フォークロック(ディラン・バーズなどに

    影響されてるかな?)ニューソウル(マーヴィン・ゲイに影響されてるかな?)

    などなど多彩でポップなサウンドが満載である。

     

    何よりも最後の曲、マニジュは素晴らしく、このジャケットアートの
    世界のように美しくも儚い世界を写し出した名曲でもあり
    本当に何度も聴きたくなってしまうアルバムでもある。

     

    そんな、佐野さんはもう60歳を超えて、デヴューして37年・・
    私もファンになって35年近くになる訳だが・・・
    60代になって、こんなアルバムを作るアーテイストはいるのだろーか?
    普通であれば、過去の焼き直しや、似た様な感じのアルバム
    過去ヒットした曲のベスト盤など出し続けているのが
    殆んどではないのではないか?

     

    今回のアルバムは、確かに私より若い世代に
    アプローチした感じの作品でもあるが
    また、新しい世界に一歩前に前進した感じでもある。

    まさか、60歳を超えている人が作ったアルバムとは思えないぐらい、
    エヴァーヤングな気持ちにさせてくれる。


    しかも、ありきたりの言葉での恋愛ソング、応援ソングが蔓延る
    今の日本のミュージック界に置いて、これほど美しいジャケットアートや

    詩的な世界を放った素晴らしいアレンジのポップなロックアルバムを

    出して貰った事に、35年近くのファンとしては本当に嬉しく思う。

     

    そして、このアルバムのマニジュの意味の答えは
    そのビートとの共感の中にあるかもしれない。

     

    あとはまた、ライブで会える事を願って--

     

    By Beat

     


    超冷たい山水と豪雨の爪痕

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      2週間に1度、我が家では山の湧き水を12本近い

      2リットルのペットボトルに汲みに行きます。

      通常山の水の消費期限は約2週間らしく、12本のペットボトル

      を満タンにして帰路につくのが楽しみのひとつ。

       

      少し前、某スタジオのオーナーから

      「久住のレゾネイトクラブくじゅうの近くの

      一番水が美味しいいよ」と聞いていたので、

      思い出したかのように昨日でかけてみた。

       

       

      大分市内から車で約1時間弱、草原と青空の

      コントラストを眺めながら外の空気は爽やかそのもの。

      とはいえ山の中なのにメチャメチャ暑い!

      山肌に車を止めた直後、野うさぎが目の前を駆け抜け、

      となりにいた女房は「初めてみた」と感激していたが、

      田舎育ちの自分にとって特に珍しいものでもない。

      かえって「美味しいんだけど」である。

       

      水を汲めるところまで歩いていくと、狭い小川に

      橋があるのだが、見事に外れており川を渡ることができない。

      仕方なく川の中を歩いて渡るため川の中に足を入れた瞬間

      「つ、冷めてぇぇぇぇ」真夏日和で外気は高温だと

      いうのに冷え冷えな山水が足に触ると、氷る手前の水そのもの。

       

       

      ようやく水を汲める場所にたどり着き、一口手酌で

      飲んでみると、うまい!角がなくまろやか。

      行くまでは大変だけど、これだけ美味しい水なら

      たまにはいいかなって思いました。

       

      帰る途中、ところどころ道が陥没し、

      流木や大きな石も転がっていた。

      この前の大雨で山肌を勢いよく流れた水のせいだと

      すぐにわかりました。

       

      日田方面では、もっとすごかったはずで、自分が見た数倍の

      被害があったのだとさっきの橋といい、道路の状態といい、

      自然の力を改めて知った日でもありました。

       

      by めたる親父

       


      こどもの成長

      0

         

        お久しぶりです。

        6年振りにブログに登場します

         

        最後の更新が長男妊娠5か月くらいの時で・・

        その間に次男も誕生しました( *´艸`)

        長男5歳、次男37ヶ月と  あっという間に大きくなってしまいましたww

         

        毎日、朝は戦争で怒ってばっかり〜💦

        退社してお迎え行って、帰宅してからも怒って💦

         

        ですが、寝顔をみると「毎日ありがとう」「怒ってばっかりでごめんね<m(__)m>」と・・・。

         

        こども達のおかげで毎日頑張れています

        ですが・・・息抜きもしたいと思う今日この頃ww

         

        大きくなったな〜とよく写メを見返して思います。

         

         

        (写真:長男17ヶ月・次男生後1週間)

         

         

        (写真:現在)

         

        本当大きくなりました

        兄弟喧嘩も年々激しさを増しています・・・・(_;)

         

        もう少しで本格的な夏到来!

        こども達の体調管理も私も気を付けたいと思います!

         

        みなさんも、熱中症などには気を付けて💦

        楽しい夏の思い出を

         

        by あ〜さん

         


        かっパターン

        0

           

          ついに

           

          やっと

           

          かっぱのデザインできました。

           

           

           

           

          顔のシームレスパターン!

           

           

           

          これを弊社サイトで配布して喜んでいただけるなら

          たくさん作ろうかな!

           

          by かっぱ(枯れ気味)

           

           


          迷言・・・

          0

            性格は顔に出る。
            生活は体型に出る。
            本音は仕草に出る。
            感情は声に出る。
            センスは服に出る。
            美意識は爪に出る。
            清潔感は髪に出る。
            落ち着きのなさは足に出る。

             

            だ、そうです。
            明日から毎日お風呂に入ろうと決心しました。

             

             

            話は代わりますが、

            14歳の少年は凄いですね!!!
            人生、何事も挑戦!だと思います。
            生きていく限り何かに挑み続ける・・・
            姿勢は大事です。

             

            『何事も良くも悪くもないが、

               考え方がそう決めるのだ』


                   by  シエイクスピア


            オンライン絵画教室 ArtLessons[アートレッスン]

            0

              JUGEMテーマ:趣味

              先日、兄の家に遊びに行った時のこと

              小さい頃から絵を描くことが好きで、
              よく兄と一緒に絵を描いていたことを思い出し

               

              「最近描いてる?」と聞くと
              兄は本を一冊持ってきて
              パラパラとページをめくっていき
              目的のページで止めると
              ある抽象画を指差して
              「入選したよ」と一言…

               

              その本は二科展の入選作品を
              掲載している本であった

              兄の作品がその本に載っていることに
              感動したとともに
              絵を本格的に続けて展覧会に出品して
              “入選”という結果を出していることを知り、

               

              「また絵をはじめよう」と
              何か燃えるような気持ちが湧き上がってきた

               

              いいきっかけを与えてくれた兄に感謝し
              はじめたのが
              「オンライン絵画教室 アートレッスン」

               

              様々な画材や画風の「絵の描き方」が
              動画で受講できる絵画教室

              只今「デッサンの基礎」受講中

               

              はじめてみると
              描く楽しさと、デッサンの難しさを
              改めて感じました。
              上手く描けたときの喜びも…!

               

              動画を見ながら一緒に描いていくので
              楽しく、絵の制作過程を学ぶことができ、
              解説もわかりやすい。

               

              この講座はもうすぐ終わりそうなので
              次はアクリル画を受講してみよう

               

              こういう自分の好きなことに
              夢中になれる時間って大切ですね。

              趣味として“本格的”に
              続けていきたいと思います。

               

              そしていつか二科展に出品して
              入選する日を夢見て…


              by CHOKU


              居候 が 増えた・・・

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                我が家に 居候(俺も入るが・・・)
                が増えた。

                ある日、近所のスーパーに買い物に行ったとき
                店の前に焼き鳥やたい焼きを売っている出店が出ていた。
                そこに黄色に紙に写真入りで
                “もらってください。”の張り紙が
                家に帰り母に伝えると その日のうちに
                連絡を取ったと・・・
                週が明けて我が家に来たのが



                トイプードルの雄 推定5才
                が加わることとなった。

                この居候、ドライのドックフードには
                ほとんど口を付けない。
                ジャーキーを与えると丸呑みしようとして
                嗚咽する。
                私が家に帰ると吠え立てられて
                飛びかかられる。

                そんなこんなで
                3ヶ月ほど経過しているが
                未だになついているかは不明である。

                by 居候生活 天地無用

                 


                三浦和人さんのライブを観た

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                   

                  1980年代『 愛はかげろうで』大ヒットした

                  デュオ  『雅夢』 の三浦和人さんのライブを

                  夫婦水入らずで行く機会がありました。

                   

                  そのライブのMCで、彼が悲しみを乗り越える

                  という言葉が嫌で、ちゃんと向き合い逃げない

                  事を大切にしてるらしく、以前、両親が亡くなった時や

                  また、あえてペットと言うのが嫌で

                  僕の息子と言ってた今月亡くなったマルチーズに

                  頬すり寄せて大泣きしてる自分がいたと・・・

                  どんな事があっても、自分をごまかしたくない、その現実に向き合う、

                  辛く嫌なことがあっても決して逃げちゃいけない

                  ことの大切さを、59歳を迎え来年還暦の三浦先輩に教えて頂きました。

                   

                  そう思いながら、今俺は何をしてるんだろう?・・

                  人に自分の事いえるのか?と、今回のご縁で教えてくれました。

                   

                  しばらく忘れる事のできないライブでした。

                   

                  By きんきん

                   


                  ビートルズのアルバム・・Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤を聴いて

                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                     

                    ロック史上最高傑作ともいわれる名盤、ビートルズの

                    Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤が出た。

                     

                    当然、私も6枚組スーパー・デラックス盤とアナログ盤を買った。

                    これで、このアルバムだけで何枚買っただろ〜と、ちょっと

                    レコード棚とCD棚を確認したらすごい数になる。

                     

                    まず、レコードは中学校の頃に亡き親父に初めて買ってもらった
                    アップルのフォーエヴァー帯から始まり、そして国旗帯盤に
                    赤版のオデオン盤に、オリジナルのパーロフォン盤
                    それから、2009年のリマスター盤、リマスターMONO盤と

                    そして今回のアルバム。

                     

                    CDは、80年代のCD、2009年リマスターCD、リマスターmonoCD
                    そして今回のリミックス盤...と、いう訳で・・・・

                    かなり持っているんだが、それでも買ってしまうのは
                    これはどしようもなく、ビートルズ関係が出れば全て買ってしまうと言う
                    一種の病気でもあり、ブラックホールでもあり、サンクチュアリーなのだ。

                     

                     

                    始まりは、初めてビートルズのレコードを亡き親父から中学生の頃
                    買ってもらったのが、このアルバムと、A Hard Day's Nightの2枚を
                    一緒に買ってもらって、初めは、Sgt. Pepper'sの方は何かモヤモヤした感じで、
                    僕の好きな初期のロックン・ロール的な感じでなく、このアルバムの良さが分からず、
                    A Hard Day's Nightばかり聴いていたのを思い出す。

                     

                    それから年月が流れ、いろんなアーチィストのアルバムを聴くようになり
                    このアルバムの素晴らしさが分かり、今では定番的によくターンテーブルに乗せている。

                    そして、中学生からこのアルバムは何回聴いたのか?定かでではないが
                    1万回は聴いているかもしれない。

                     

                    それだけ、このアルバムの持つ40分近くの音楽の世界は
                    ジャケットアートの世界から、ロックを超えたクラッシック的な作品世界が放つ
                    壮大な音と空気感の芸術的な美しさがあり、このアルバムから
                    ロックミュージックが変わって行ったと言う歴史的な素晴らしいアルバムであると思う。

                     

                    そんな今回のリミックスは、オリジナルmonoをステレオ化すると言う意図でやったらしく
                    確かに、リンゴのドラムの音とポールのベースの音の強さが全面に出て
                    聴いていて気持ちがいい。

                     

                    今、このリミックス盤のアルバムは50年前に出たアルバムと思えず
                    現在に出たアルバムと言っても遜色ない音だろう。

                     

                    ただ、やっぱりオリジナルのような靄が掛かったような音が
                    このアルバムの感覚でもあるんだが、、
                    こんな音的な事を思うのは、ビーチ・ボーイズのPet Soundsのアルバム
                    ぐらいしか思いつ かないんだが・・・

                    現に、私もPet Soundsのアルバムもこのアルバムと同じぐらい持って
                    いるから仕方ないんだけど・・・

                     

                    こんな60年代の名盤のアルバムはやっぱりCDではなく
                    大きなジャケットを眺めながらアナログで聴くのがいい。

                     

                    まあ〜こんなコレクション数々、普通の人には理解されないんだろ〜な、、
                    もし、私が死んだら誰かに二束三文で売られるか

                    捨てられるか、どうなるのやら・・・・

                     

                    それでも収集の旅は続いて、マッキントッシュのアンプにJBLのスピーカーから
                    流れる音楽の至福のひと時を死ぬまで楽しんでいくんだろ〜な・・・

                     

                    by Beat

                     

                     


                    あの子猫が元気なことを祈って

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                       

                      ペットブームだが、子供のころからペットと暮らしたことが無い。
                      子供のころは父がペット嫌いで、飼う事ができなかった。

                       

                      今は実家はマンションだし、私はアパート暮らし。

                      ペットとは、ほぼ無縁だったが、ある出来事を起こしてしまった。

                      ある日、少しお酒が入った状態でアパートへ歩いていた。

                      近所の家の塀の上に子猫がいた。
                      黒猫で、生まれて2〜3カ月ぐらいだろうか。

                      見ていると目があった。
                      ヒュッヒュッとするとミャーとないた。

                      近づいて体をなでてみると、痩せている。
                      捨てられたのかと思い、何か食べさせてやろうと

                      アパートへ連れて帰った。
                      コンビニでキャットフードを買って与えてみた。

                      食べないどころか、餌から逃げるように離れてゆく。

                      2〜3日そんな状態が続いた。

                       

                      ふびんに思い、知り合いの女性に電話をして子猫を

                      貰ってくれるように頼んだ。

                      彼女は了解してくれ、猫を渡した。

                      しばらくして子猫の事が心配になり、例の女性に
                      連絡してお礼に食事でもと誘った。

                      食事をしながら子猫は元気かと尋ねた。
                      元気にしているとの事で、どうやって餌を食べさせるのか聞いてみた。
                      食べ終わるまで、何度でもキャットフードの前に

                      連れ戻して食べさせるそうで、
                      さすがは女性かと感心した。

                       

                      これから先もペットを飼う事はないだろうが、
                      子猫の元気な姿をたまに想像するだろう。

                       

                      By Urushi
                       


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM